サイコだけど大丈夫 사이코지만 괜찮아11회 あらすじと感想

★オススメ!韓国ドラマ

※ネタバレ注意!!

キャストと相関図はこちら!

사이코지만 괜찮아 11話 あらすじ

ムニョンはカンテに貰った花を花瓶に飾り
サンテが捨てた絵を見て泣きだす。
兄だけで手一杯だ、消えろと言ったカンテの言葉を思い出しながら…

第十一章 みにくいアヒルの子

パク患者が愛しのクレメンタインを歌いながらムニョンの家を訪れた。

家の中を見物するパク患者に何の用か尋ねると別の部屋にいた。
パク患者はカンテから貰った花を手に取り

死んだ物は捨てなきゃと言うと
ムニョンは勝手に触らないでと花を取り返す。
なんで来たか聞くとパク患者は

ムニョンの父が娘の誕生日なのにあの時殺すべきだったなんて言うから
慰めるのと誕生日を祝う為に来たと。

ムニョンの母のファンだと言うパク患者は
キレイだと万年筆を手に取るとムニョンは取り返そうとする。

パク患者は欲しくなったわ。
私も自分の物を触られるのは嫌なんだけど
ムニョンの手から奪い取る。

そのはずみでムニョンは手のひらを怪我し血が飛び散る。

ムニョンの家に駆け付けたカンテは家に入ると血の跡に気づく。
ムニョンを探そうとするとムニョンに名前を呼ばれ
駆け寄り思い切り抱きしめる。

大丈夫かと言い手のひらを怪我してるのを見たカンテに説明しようとすると
カンテはパク患者はどこか聞き探しに行こうとする。

ムニョンは私に会いたくてじゃなくて患者を捕まえる為に来たの?

つまりあんたにとって私は患者にさえ負けた存在なのねと言い自分の部屋に行く。

ムニョンはベッドに入り怪我した時にハサミで刺そうと思ったが
いつかカンテに言われた3つ数え我慢したが刺した方が良かったかと考える。

その時カンテが部屋に入ってきて話そうとベッドに座り
怪我した手のひらに布を巻くとムニョンは

こんな傷より俺達は悪縁だ、消えろって言われた事の方がよっぽど痛かったわよ
今日は重要な日だから独りでいたくないって言ったじゃない!と叫ぶムニョン。

カンテは自分をコントロール出来ない時は3つ数えろと言う。

ムニョンは1...2...

カンテも3と言いキスをした

長いキスをしながら抱きしめ見つめ合い...

カンテはムニョンをベッドにそっと倒しキスをする。

見つめ合い微笑むムニョンにカンテは誕生日おめでとう。
会いたかったの一言に満面の笑みになるムニョン。

カンテは顔が赤いなと言うと暑いからよとごまかすムニョン。
あんたも凄く赤いわと言い返すと

自分が熱があるのを思い出しムニョンの手をおでこにやりながら
俺、熱あるんだ
とカンテ。

【 カンテの家 】

一人でご飯を食べるサンテにジェスがカンテの代わりに来る。
落ちてたマンテを渡す。

マンテはカンテの弟で3兄弟だとサンテが教える。
ジェスは自分もサンテとカンテの間に入れてくれと言うが
サンテはジェスは他人で家族じゃないと言う。

【 ムニョンの家 】

カンテをベッドに寝かせるムニョンは

映画で観たと水風呂に入れと言いだす。

カンテは濡れタオルでいいと言い
ムニョンはベッドに座りタオルでカンテの首などを拭く。

カンテはパク患者に何か言われたか聞くと言われた事を話すムニョン。
カンテはムニョンをベッドに引き寄せ、腕枕をし

病気の時に誰かに看病にされるのは初めてだ、良いなと言う。

眠るカンテにそっと近づき添い寝するムニョン。
そんなムニョンの肩を抱くカンテ。

【 ジュリの家 】

酔った時に社長の車を汚した事を謝りお金を渡すジュリに
社長はこのお金で食事に行ったらチャラにすると言う。

【 ムニョンの家 】

カンテの熱が下がり仮病でしょ?と聞くムニョンに恋煩いだと笑う。
話をしようとカンテ。

カンテは兄のトラウマの話をする。

母が殺された時の唯一の目撃者が兄
怖くて誰も守ってくれる人がいなくて町を出た事

蝶が飛び始める春になると兄は母の死んだ時の悪夢を見る

兄貴の傍に絶対いなきゃいけないけど
それでもお前と遊びたくなるんだ
前にお前言ったよな。

必要な時に現れるのが運命だって。
お前が必要だ

俺は兄貴の傍にいるからお前はただ俺の傍にいろ。

そうするわと微笑むムニョン。

【 病院 】

ムニョンの父が脳腫瘍か調べる為に検査を受ける

ジュリはパク患者の足取りが未だに掴めない事を看護師長に報告すると
次の患者を引き受ける為にベッドを片づけろと言う。

戻るかもと言うジュリにもう来れないと言う看護師長。

ジュリに言われパク患者の荷物を片づけるカンテ。
ユ患者が残ってた荷物を渡し

カンテがありがとうと微笑むと笑い方がかわいくなったと言われる

カン患者はユ患者から聞いた話を院長にする。

パク患者がここ何ヶ月かおかしくて
演技の練習をしなきゃいけないと
鏡を見てにやにや笑ったり、夜な夜な何かを覚えたり
未だに女優だと思ってるみたいだ
と。

カンテはパク患者の荷物を見てムニョンの母の本を見つけ中をめくると
メモ紙が挟まっていた。

【 ムニョンの家 】

カンテの事を思い出し我慢して良かったと呟く。
サンテの描いた絵を手に取り立ち上がる。

【 病院 】

カンテは赤く塗りつぶされたメモを陽に照らし透かして読もうとする。
振り返ると院長がいて驚く。

院長はパク患者が何故ムニョンの家に行ったか言ってるのに対し
カンテはそれが自分の事だと勘違いして
心配でで誕生日を祝う為ではないと答える。

院長は患者の事だよ、祝う為じゃないはずだと言うと
カンテは祝う為だったら良い、これ以上何もなければ良いと。

【 ジェスの店 】

ムニョンが来てジェスにメニューを全部テイクアウトで頼み、
その間サンテと話したいと言う。

ムニョンはサンテにまた家に戻ってきてと言い
その絵からアイデアが浮かびその内容は

3人それぞれが失くしたものを探しに遠くに旅をする話だと言う。

サンテは面白そうと言い
ムニョンがさすが理想の相棒ねと言うと
サンテは面白そう、欲しいと言う。
その目線の先は子供が遊んでた海賊船だった。

【 病院 】

サンテの壁の絵の前でカンテは兄のトラウマについて話し
院長が何故急に話したのか聞く。

トラウマは避けずにぶつかれと院長が言ったと。
兄がトラウマと戦えるように助けてくれと頼むカンテ。

院長が俺の噂は酷いぞ、偽物だって。
それでも信じるのかと聞くと
偽物なら兄にバレると言うカンテに笑う院長。

【 ジェスの店 】

方的な契約破棄は違約金が3倍だと脅すムニョン
何も貰ってないと言うサンテに
うちで暮らして出したお金がいくらだと思ってるの。
お金を払うか絵を描くか選べとムニョン。
カンテの分もあったわ、6倍ねとサンテに追い打ちをかける。

帰りにピザを持つムニョンとサンテはカンテの事で喧嘩になる。

カンテは弟でムニョンは他人だと言うサンテに
カンテはカンテのものよ。兄だってうるさいわねとムニョン。

【 病院 】

ムニョンはピザを持って行きカンテに最善を尽くしたと言うと
どんな最善だ?と聞く。
ムニョンはお願いと説得をしたと言うと嘘と脅迫だろとカンテ。

結婚の許可を貰いに行く男のような気持ちだとムニョン。

でも許してもらえなきゃ俺達一緒には生きていけない。
ジェスも兄と仲良くなるのに10年位かかった

とわざと切なげに話しとりあえず待てとカンテが言うと

10年も待てるわけないでしょ!と言うムニョン。
ピザを持ってく間待ってろって意味だよと後ろを向くカンテは
こっそり笑う。

10年なんて冗談よねと言うムニョン。
お前は兄貴に目をつけられたからもっとかかるさと言われ
無理よ、待てないと怒るとカンテは

兄貴にとって俺は唯一の家族だ。
そんな俺を奪われ一人になると思って怖がってるんだ。

奪うんじゃなくて一緒にいる人が一人増えるって事
他人じゃなくて仲間になるって事を俺達が信じさせるんだ。

してくれるよな?

してみるわとムニョン。

家に一人でいる時は鍵を閉めて不用意に開けるなよとカンテ。
わかったわと言うムニョンにイイ子だと頭をなでるカンテ。

仕事を終えて帰ろうとするジュリに
母がどこに行くか聞くと社長と会うと言う。
嫌がるジュリに口紅を塗り出来るだけ遅く帰りなさいと言う。

【 カフェ 】

ジュリは社長にムニョンの父が脳腫瘍を再発して手術出来ないと言うと
ムニョンの調子を見て話してみると社長。
ジュリがカンテの話をしようとすると
それよりジュリの事を知りたいから教えてくれと言いそれにジュリも答える。

【 カンテの家 】

違約金の為に全財産を閉じこもって数えるサンテ。
カンテに呼ばれ急いで出る。

カンテはピザ屋にムニョンが来た事を遠回しに聞く。

【 ムニョンの家 】

スンジェは
ムニョンが心配だからしばらく一緒に暮らしてとカンテに頼まれたとやってきた。

ムニョンはパク患者の行動をさりげなく変でしょと聞くが
スンジェは昔ファンだった人の追っかけをしてたから全然変じゃないと言うと
昔の芸能人だけど歳ごまかしてない?と聞くムニョン。
逃げるように去るスンジェ。

【 カンテの家 】

カンテはアニメについて聞く。
なんで他人なのに一緒に住んでるんだと。
保護者で大人だからだと兄。

カンテは兄貴も大人だよな、他人も家族のように受け入れられる大人
あぁと言う兄に、知ってるか?俺も大人になろうと努力してる途中だと。

【 病院 】

壁の絵はもうすぐ完成だ、いくらくれるか聞くサンテに
院長が同じように描いてと依頼したのに庭には沢山いる蝶がいない。
だから未完成だと言う。

描くの嫌だと言うサンテに描かないとお金はあげないと言う院長。

カンテを待つ間外の鶏達に院長は嘘つきだと話すサンテ。
カンテが来てもう描かない、蝶は描かないと言う。

家に帰り布団にくるまる兄に絵を描かない理由を聞くが答えない

カンテは子供みたいに黙ってふてくされるのか?
3つ数えるぞと数えると

院長は嘘つきだと閉じこもろうとする兄に逃げるなとカンテは掴み
兄に噛まれ叩き返しもう我慢しないと言う。

俺は兄だぞと言われカンテは

兄なら兄らしくしろ!と怒鳴る

怒鳴った事で兄は怒り掴み合いの喧嘩になる。

ジェスと話すカンテは兄にやり返してみてスッキリしたと笑う。
ジェスはサイコウイルスは凄いな、別人みたいだと言うと

兄貴と俺は二人だけしか関わって来なかった。
だから兄貴がお前に寂しくさせた事を悪く思わないでくれ。

俺達も他人と合わせて暮らすことを覚えなきゃ。と。

ジェスはなんでそれがコ ムニョンなんだと聞くと
俺が知る中で一番孤独だからだと。

【 ムニョンの家 】

ベッドの中でムニョンはカンテにメールを送るが無視される。

そこにドアを叩く音が聞こえ武器になるものを持ち
そっとドアを開けるとカンテだった。

不用意に開けるなって言っただろと。
メールを見てきたカンテ、サブウェイに食べに行く。

兄と喧嘩したと言うカンテに

信じさせろって言ったくせに喧嘩したわけ?

俺はコ ムニョンが好きだ、いなきゃ生きられない。
だから兄貴が助けてくれ
と素直に言えばと。

カンテはそう言ったら兄貴は何て言うかなと。

ムニョンはやりたい事はなかったのか聞くと

3つくらいあったけど2つはもう叶ったとカンテ。

引越じゃなく旅行、遊びに行く事

兄貴と叩き合いの喧嘩をする事

俺にとっては凄く嬉しかったんだよ。
やっと少しは他の人みたいに暮らしてる感じがすると。

残り1つは今日来てくれたから叶えてあげると言うムニョンに
もう遅い、制服着て学校に行く事だとカンテ。

学生になったカンテ達、ムニョンに声かけるカンテ。
兄は普通の社会人
そんな夢を見てるカンテの寝言に目が覚める兄。

俺は…好きだ…と寝言を言うカンテを見つめる兄は
起きてカンテの顔を見る。
その表情がどんな気持ちなのか壁の写真で確かめる。

幸せ。カンテは幸せだ。何度も呟きカンテの顔を見る。

カンテは幸せだ。初めてみると覗き込む兄。

【 ムニョンの家 】

社長が浮かれてやって来る。

ムニョンの新しい作品を期待する社長
次はどんなのか聞くとこれよとサンテの描いた絵を渡す。

何もまだ決まってない事を知る社長はがっかりする。

【 病院 】

朝、兄からの電話に出るとご飯は?と聞かれ

緊急患者が来て食べれなかったとカンテ。
腹減ったか?と兄が聞くと物凄くとカンテ。

レストランに6時までに来いと言い電話を切る兄。

【 ムニョンの家 】

社長がムニョンの父の状態を説明すると
お父さんは12歳の時に死んだわ。抜け殻なのよとムニョン。

社長はお前の父親は病気のせいで勝手に体が動いたり記憶が混濁してる。
それでもお前の唯一の家族だと言うと

もともと孤児よと言い社長を追い出すムニョン。

父との写真を見て、カンテに一緒にご飯をと誘うが断られる。

【 レストラン 】

カンテに肉を切り、自分のも少し分けてあげる

美味しかったか、お腹いっぱいになったかと聞く兄
うん、凄く。はちきれそうだとカンテ。
はちきれたらダメだと言い払うお金を出し

カンテにお小遣いをあげる

大事に使え、足りなかったらにーちゃんがまたやるから心配するなと言うと
泣きそうなカンテはありがとう。大事に使うよと言う。

払いに行くサンテに伝票を渡す手がもう一つ。
ムニョンだった。
私のもおごってと言うムニョンを無視するサンテ
伝票を置いてサンテを追いかけるムニョン。
ムニョンの分をカンテが支払う

ムニョンはサンテの腕を掴み

じゃあお小遣いちょうだい

私にはお小遣いくれる人もいないし
一緒にご飯を食べてくれる家族もいない。

もう本当の孤児よ


それを見つめるカンテ。
兄はカンテを見て家に帰ろうと腕を振りほどく。

ムニョンは
私だってお兄ちゃんみたいなお兄ちゃんが欲しいのよ!!と叫ぶ。

迷うサンテは立ち止まり…早く来いカンテ!

うつむくムニョン。

コ ムニョン!!...早く来い!…二人とも早く来い!!とサンテ。
喜ぶ二人は走って兄を掴む。

兄貴、みにくいアヒルの子って童話知ってるだろと聞くと
みんなと違うと差別するんだ、いじめると兄。

カンテはだからあまりにも寂しくて結局家族から離れるだろ。

もし母親が最後までその子を愛してたらどうなってたかな?と言うと
それなら離れなかっただろと兄。

大人がしっかり大切にしてればアヒルでも白鳥でも
みんな一緒にひとつ屋根の下で暮らせる。

兄貴は他人も大切にできる大人だよな。
眠る兄は寝言で大人だと答える。


사이코지만 괜찮아 感想

兄弟喧嘩が何故か幸せに見えてしまった。
兄弟とかってうざく感じるけど
喧嘩するって本音を言いあえるって事なんだなーって。

そして兄はカンテが今まで本当に笑ってない事をわかってたんだね
グッときたよーーーー

ついにムニョンもサンテに認められたけど
ムニョンの家族は一体どうなるのか?

それじゃ!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました