サンガプ屋台 쌍갑포차 11회 あらすじと感想

★韓国ドラマの意訳
スポンサーリンク

1話あらすじ、キャスト、相関図はこちらから

※ネタバレ注意!!

スポンサーリンク

サンガプ屋台 11話 あらすじ

【 屋台 】

ウォルチュの質問に戸惑う班長。
ウォルチュはそれ以上何も聞かず班長は代わりに買い物に出かける。

【 マート 】

ウォルチュの地獄行きが無くなった事をカンベに伝えた班長
ウォルチュはヨリンと話してるのを見てそのまま帰ったと聞く。

【 屋台 】

仕事中、何故かとげとげしいウォルチュに二人は困る。

カンベがウォルチュに具合悪いのかなど聞くが何もないと無表情で答える。
地獄行きが無くなり良い日なのに、班長に美味しい料理でも作るべきじゃないかとカンベ。

班長はさりげなく食べたい料理を言う
ウォルチュはあと4日しかないからちゃんとやりなさいとカンベに怒る。

班長も怒られそうで慌てて外に出ると
カンベがまた班長が何かやらかしたのかと聞くとうるさいと追い出された

【 帰り道 班長とカンベ 】

マートに行ってからウォルチュの様子がおかしく何かなかったか聞く班長。

カンベに教えた恋愛の決め台詞をウォルチュに聞かれ
班長から教えてもらったと言ってしまっていた。

何が原因か気づく班長。

【 サムシンの部屋 】

なんで黙って傍にいたんだと班長に言えない言葉をサムシンに代わりに言うウォルチュ。
実際に会うと言いたい言葉が出てこない、恨んできたからかな。と言うと

会いたかった人でもそうなるわよとサムシン。

ウォルチュにふと彼の正体を知ってたのかと聞かれ知らないフリをした

【 ヨリンとカンベ 】

カンベにパンプスを買ってもらったお返しに服を買う。
二つで迷ってたが結局両方ともあげてた。

似合うか聞くカンベに、かっこいいと答えるヨリン。

最近仕事に行く方が楽しいとカンベに話すと
大変だ、そのうち早く会いたくて寝れなくなるかも、僕がそうだったからとカンベが言った。

散歩をしててヨリンは他のカップルのように腕を組みたくて
そっと触ろうとすると、触るな!とどこからか声が聞こえた。

お互い手を握ろうとして触れた瞬間、離れろ!と声が。
ヨリンは慌てて手を離した。
心配するカンベに先に戻ると立ち去るヨリン。

【 屋台 】

屋台の前で班長が店に入れずウロチョロしてるとウォルチュが出てきた。
中に入るもぎこちない二人。

ウォルチュがあんたも気づいたのね。
班長が何をだ?と言うと
私があんたの正体を知ったって事よ。と。

今まで馬鹿にされてたと思い冷たく言うウォルチュに
誤解が解けてないから班長は助けに来ただけだと言うしかなかった。

なぜ母を殺したの?約束は守れなくてもせめて人の命は救うべきでしょ?!
と泣きながら話すウォルチュに
せめて残りの2件を終わらせるまで傍にいさせてくれと言う。
あんたは何も変わらないとウォルチュが言うと
班長はそれだけが真実じゃないと言う。しかし
ウォルチュに頬を叩かれ、出てけ、もう二度と現れるなと言われしまう

【 マート 】

仕事の終わる時間にヨリンを見かけて慌ててついて行こうとするが
チンドンに祖母の具合が悪いから夜勤を代わって欲しいと言われ
仕事を交代してついていけなかった。

【 屋台 】

ヨリンはさっきの声が何なのか気になって考えていると屋台が見えて入る。
そこにウォルチュがいてお互い驚く。

焼酎を飲みに来たヨリンは思い出しここがCIAの本部ですか?と聞く。
好きに思ってとウォルチュ。

ウォルチュはカンベが何かしたのか聞くと
カンベに触れた時に声が聞こえた話をする
カンベの傍にずっといたいのに
結局ずっと独りでいなきゃいけない運命なのかもと言うヨリンに
あなたのせいじゃないわと言うが途中で外で暴れる人がいて外に出たウォルチュ。

焼酎を飲み干し新しいのを取りに行こうとすると不思議なお酒が目に入ったヨリン。

ウォルチュが戻ると知らない人がいて声をかけると
夢の世界に通じるお酒を飲んでしまい鏡面朱砂が出てきてた

鏡面朱砂は他の男たちはみんな追い払ったのに
カンベには通じなくヨリンに警告したと言うと
二人の恋愛はほっといてあげてと言うウォルチュに
ダメだ、男が怖いと鏡面朱砂。

【 昔 】

鏡面朱砂は人間の世界が気になり夜になると町に出かけてた。
ある日ある男に出会い一目惚れしてしまう

会うたびに男に天然石を渡していた。
男は貧しい人の為に使うと
彼の力になれる事が自分の幸せだと言う鏡面朱砂

そしてある日男が洞窟へ来て石を取るために壁を壊そうとする
やめて!と出てきた鏡面朱砂。
会えなくなって貰えなくなった天然石欲しさに来たのだった
鏡面朱砂は天然石は私自身だから壊したら私まで消えてしまうと説明する

男は俺には関係ないと言い放ち
武器等を買うお金が必要で王子を新しく変える為であり貧しい人の未来の為でもあると
そして男に壁を砕かれ鏡面朱砂は死んでしまった、、、

だから男は嫌いだと言う鏡面朱砂に私達は男を見る目がないわね。
なんで会わなくなったのと聞くウォルチュ。

ある日男が家に忍び込んで巫女を殺し火を放ったんだと。
きっと恨みがあったのね。その後一人娘も自殺したと言う鏡面朱砂

ウォルチュがもしかして。。。その男の名前ってキム ウォニョン?と聞く。
あんたも知ってるの?と驚く鏡面朱砂。

【 班長とヨム部長 】

ジヘの店に班長が行くと警察がいた事をヨム部長に話し
逃げた悪霊が自分達の邪魔をしてると。
誰なのか聞くが答えないヨム部長にあの世で探ると言うと
そんなに焦るなとヨム部長。
焦りますよ、また誰か殺されるかもしれないと言う班長に
それはない、もう捕まえて地獄に送ったから心配ないと言う。

班長は本当ですか?いつもは悪霊の事は僕に頼んでたのに
僕にも言わずに直接処理したんですか?どんな悪霊なんだ、、と言うと
ヨム部長はウォニョンだと言う。

驚く班長はなおさら言うべきだと。
ヨム部長は、大きな罪をしたとしても俺の息子だ。
他の人に殺されるのなんて見れるわけない。しかも2回もだ。自分の手で終わらせなければ。悪いな。俺がもう少し早ければ彼女の犠牲は防げたはずなのに。
ウォルチュに唯一真実を見せられる人だったのに、、
お前も誤解を解くために今までやってきたんだろう、困ったな。

外に出たヨム部長はこっそり班長を見てほくそ笑む。
次は誰かなー?と笑いながら去るヨム部長。

【 マート 】

たまたま会ったカンベとヨリンは話をする。

ヨリンはスキンシップのトラウマのせいでまだ怖い、あとで病院に行こうと思うと。

一緒に行こうか聞くが一人で行く方が楽だと言われるカンベ。

終わったら電話してと言うカンベになんで?と聞くと、少しでも一緒にいたいと。

ヨリンは昨日の事は誤解しないでと言うとカンベは

誤解なんてしないよ。ゆっくり進んでいこう。
ヨリンさんが十分に大丈夫になって受け入れられるようになるまで待つから。
ヨリンさんと付き合うまで27年待ったんだ。

そのくらい待つのは大したことじゃないと。

ヨリンがウォルチュさんに会ったら昨日はありがとうと伝えて欲しいと言うと

屋台知ってるの??と驚くカンベ
偶然入った屋台がそうで途中から覚えてなくてと言うヨリン。

カンベは例のお酒を飲んだのかと思い聞くとやっぱり飲んでいた。

【 カフェで話す二人 】

班長はお参りに行きウォルチュに偶然会う。

ウォルチュはウォニョンが母を殺し家に火を付けた事は本当なのかと聞くと班長は、

すまない。俺が知るのが遅かったんだ。お前を失い後で知ったのは
俺と自分の妹を結婚させる計画をしてた。俺が急いだから焦ったんだろう。

ウォニョンが火をつけたあの日、、お前にプロポーズしようとしてた

仕返しをしようとしたんだ、同じように味わわせるために、すべてを奪おうと。。

王子はみんなの前で反逆者で殺人者だとウォニョンを切り殺し
神木の前で来世があるなら守ると誓ったのだった。

なんで何も言わなかったの、何も知らなかったじゃない
500年間どんなに恨んで憎んだかとウォルチュ

500年の恨みが少しの言葉だけで晴れるか?
嘘の言い訳にしか聞こえなかっただろうし
傍にもいさせてもらえなかっただろう

傍にもいられずお前を守る事も出来ないなら真実なんて何の意味もない。
今回だけは行動で示したかったんだ。
言葉だけの弱い王子じゃなく本当にお前を守る事の出来る班長として

遅くなったがあの約束を絶対に守りたかったんだ。
だいぶん遅くなったなと指輪を出す

それを受け取るウォルチュ。

【 マート 】

返品の整理をするカンベ、突然ヨム部長がいて驚く。

屋台が閉まっててウォルチュが出かけたのか聞きに来たのだった。
カンベも連絡が取れない、ヨリンの夢の話はどうなってるのか聞く。
ヨム部長はわからないと。

ヨリンが誰なのか聞くと笑顔で彼女で前に会った事あると答えるカンベ。

ヨリンの後をつけるヨム部長、何か悪だくみをしようとしたその時
班長が来て声をかける。
ヨリンに会いに来たと言う班長にあっちに出ていったと言うと
ヨリンさんの事知ってるんですね?と言われ答えようとすると

ウォルチュから電話がきて
ヨム部長がウォルチュとは仲直りしたんだなと聞く

班長がそうだと。ヨリンさんの悩みを解決すれば残り1件だから
仕事に集中するべきだと。話が沢山あるから一緒に来てくださいと。

【 車 】

ウォルチュはヨリンを見つけ乗せていってあげるわと車に乗せる。
コーヒーに夢の世界に行くお酒をいれてあり飲ませる。
眠るヨリンにゆっくり寝て起きたら全て良くなっていくわと。
そして鏡面朱砂が現れる。来る速さに驚くウォルチュ。

鏡面朱砂が何しにまた来たのよと言うと借りを返しに来たのよと言うと
あなたのおかげで500年の誤解が解けたからあんたの傷を私が癒やそうと思ってと。

一杯の酒で解決できる?見たでしょ、あの男と鏡面朱砂が言う。
ウォルチュが友達いないでしょ?と言うと思い当たる人が出て来ない鏡面朱砂

ウォルチュはそうだと思った、こういう時は普通、女友達と話したりするものなのよ。
だから500年も引きずるのよ、とりあえず私を信じてついてきてと車を走らせる。

そこにはサムシンもいてカラオケが始まる。そして本物の歌手も現れて歌い始める。
歌って踊って大騒ぎし、話す三人


鏡面朱砂が3セットじゃないの?と言うとウォルチュはあるじゃない。
歌、デザート、そして友達。と。
そうね、全部あるわねと鏡面朱砂
昔からあんたの話を聞いてくれて悪口を言って慰めてくれる人がいれば良かったのに。
もともと一人で抱え込むことが一番苦しいからとサムシン。

ウォルチュ、もうそんなゴミみたいな奴は廃棄処分しちゃいなさいよ
せっかく生まれ変わったのに勿体ないわ。
今日、今ここからは本当に幸せに生きるのよ。恋愛も沢山して、また失敗したら?
私達と死ぬほど遊べばいいのよ。

鏡面朱砂が本当に?本当に私と遊んでくれるの?と言うと
ウォルチュは、もちろんよ!でもわざと失敗しないでね
カンベはほんっとうに良い子なのよと。

【 カンベとヨリン 】

病院に行ったか聞くカンベに
ウォルチュの車に乗せてもらったら寝ちゃって行けなかったと言うヨリン
変に思うカンベ。
ヨリンがボタンの掛け違いを直してあげると声が聞こえないとヨリン
何のことか聞くカンベに腕に抱きついてみるヨリン。
大丈夫だと喜ぶヨリンは手を繋いだり抱きつく

カンベは驚く。ヨリンが抱きしめてと言うと本当に?とカンベは嬉しそうに抱きつく
もういいんだけどと言うヨリンに、誰が?誰がいいって?と離れないカンベ。

【 屋台 】

班長が鏡面朱砂の話を聞き恨みは晴れたのか?と聞くと件数の画面が変わった。
喜ぶ二人、500年の恨みが晴れたなんて最高な気分だな。よくやったなと班長が言うと
出かけようとウォルチュ。今日は自分が誇らしいと。

【 レストラン 】

肉を切って班長の皿に置くウォルチュを見て俺なんか悪い事したか?
残り一件だから肉食べて頑張れよって事かと班長。
残り1件解決出来なければ今までの苦労が水の泡だから頑張ろうとウォルチュ。
そこに家族連れが来て赤ちゃんを見てかわいいなぁと言う班長

赤ちゃんかわいいわよね。もし赤ちゃんがいたらあんたは良い父親になれると思う?
とウォルチュが聞くと
当然だろ。でもお前は違うだろうな。見ててわかるだろ?
あれこれ口出して考えただけでも眩暈がすると言う。

ウォルチュは、違うわよ、私も優しくするわよ!と言うと班長は
そうだな、来世ではそうしたらいいと。

ウォルチュはあんたは転生したくなかったの?
結婚して子供が出来て楽しく暮らせたかもしれないのに。
班長はそうだな、ほっといてそうすれば良かったかなと笑い
目の前にいる人をちゃんと守らないと。いもしない子供の事考えてもしょうがないと言った。

【 屋台 】

ヨリンの事を聞いたカンベはありがとうと言うが
ウォルチュ達の様子が変でカンベは怪しむ
そしてウォルチュが班長の指輪をしてるのに気づく
ウォルチュが可愛くて取ったと言うが何かあると疑うカンベ。
このままじゃ仕事できない、自分が出てくかここで話してくれるかだと言うと

前世で付き合ってた事を告白する。驚くカンベ。
教えてもらった言葉もウォルチュに対して言った言葉だと知り鳥肌がたつカンベ
ここにいるのは無理だとクーポンを配ると出てく。班長が追いかける。
入れ違いでヨム部長がきた。

気持ち悪がるカンベにそんなに衝撃的だったか?若い時だ。そんな時もあったんだ。
それにあの時のウォルチュは今と全然違った、今なら付き合えないと班長。
守るために来たんですよね、一生懸命だったとカンベ。
そう見えたか?俺なしでは何も出来ないだろ、手のかかるやつだからなと班長。

でも責任感強いですよね、ウォルチュさんみたいな人はいないとカンベが言うと
この仕事の他になんかやるって?と聞くと
答えに詰まるカンベ、僕の為に契約書まで書いてくれたじゃないですかとごまかす。
そうだな、ウォルチュは義理はあるなと班長。

残り二日で1件だ、出来ますよね?とカンベ。
やらないとなと班長。そこに閻魔大王から電話が来て出かける。

【 ヨム部長と誤解が解けた話をするウォルチュ 】

ウォニョンを捕まえてくれた話で自分も子供のためにしてるとウォルチュ。

そして部長に息子の罪滅ぼしのためにボランティアしてるのか
正直、彼にそこまでの価値があるのか?5000年でも償えない罪だと。
なんでそんなろくでなしが部長の元にやってきたのかと言うと

ろくでなし?と反応する部長に
元はと言えば彼のせいでみんなダメになったとウォルチュが言うと

それに怒りそれがなんで俺のせいなんだ?お前のせいだろと。

ウォルチュが、あんた、、、誰?と。
やっと気づいたか、久しぶりだなウォルチュと首を絞める。
全部お前のせいだとヨム部長。

カンベがクーポンが無くなり戻ると、、手を離させようとするが止められない。

走る班長。

吹っ飛ばされるカンベ。

離せ!!とどこから聞こえ店が揺れて電気が壊れる。

カンベが目を覚まし、、???前世の過去全てが見えたカンベ。

サンガプ屋台の感想

やっと誤解が解けて、ついにヨム部長がウォニョンだと気づき
ついにはカンベの正体も次回わかるのかって感じで。まぁ、、わかってた感はあったけども。

カンベがヨリンに対して可愛すぎる。笑。

ヨリンの悩み解決は夢の世界に行くってより鏡面朱砂が出てきちゃってるから
どう解決すんのかなって思ってたら女子会だった。意外とあっさり。。
ちょっと夢の世界見たかったな。

カンベが次どんな感じか気になる。

それじゃ!

ついに最終回!!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました