韓国ドラマ【サンガプ屋台】6話 翻訳あらすじと感想

★韓国ドラマの意訳
スポンサーリンク

※ネタバレ注意!!

1話あらすじ、キャスト、相関図はこちら!

スポンサーリンク

サンガプ屋台6話 あらすじ

カップルダンスコンテストで優勝する夢を見るカンベ。
賞品で指輪をもらいヨリンにつけたはずが
何故か主任に変わっててキスをする羽目になる。

その夢がとても鮮明で
翡翠の指輪も見た事ある気がすると話し
ウォルチュなら意味がわかると思い聞く。

苦手だと思ってた主任の事を実は好きなんじゃないかと言う班長に
バカな事言わないで下さいと慌てるカンベ。

妊娠の予知夢じゃない?
母も翡翠の指輪の夢を見て自分を産んだとウォルチュは言った。

【 マート 】

夢の話をしてた時、主任は妻から電話があり妊娠したと報告された

くだらない夢だと言ってた主任が急に態度を変え
ダンスレッスンの食事は俺が用意してやると喜びを抑えきれない主任は
触れるのが嫌いなカンベの代わりにチンドンに思い切り抱きついた

【 買い物に出かけたウォルチュと班長 】

ウォルチュは班長に母親は予知夢は見なかったのかと聞いといて
子供がやってたユーフォーキャッチャーに興味を持ち聞いてない。
自分が代わりにやるも人形は取れずついには班長と二人で夢中になってしまう。
子供がやりたいと言うが帰らせる。

【 マート 】

ダンスの練習でヨリンにドキドキして掴んでた体を離してしまう。
ヨリンはそれを勘違いしもっと普段から運動するべきだと言った。

全く踊れないカンベに残れと言う先生。
ダンスは努力すれば良くなるんだからいいじゃない。

아무리 노력해도 안된 일이 새상에 얼마나 많은데

いくら努力したってうまくいかない事が世の中には多いのよ。と。

戸惑うも居残りすることに。

【 ウォルチュ達 】

買い物に使う現金を使い果たしてしまい
マートでカンベからお金を借りる事に。

カンベを練習室で見る二人。
先生に触れないカンベはステップを忘れたとその場をしのぐが
ウォルチュ達が部屋に入ったせいで先生に触れてしまった。
先生は話し始める。

いくら努力しても子供が出来なく
2年続けた不妊治療を諦め今日は仕事初日でもあった。

治療を始めて奇跡的に出来た赤ちゃんも流産してしまう。
誰のせいでもないと医者は言うが自分のせいだと責めた。

再び治療に取り組むもうまくいかず悲しみが増していき
二人とも疲れ果ててしまい、ついには夫にも辛く当たってしまう

ある晩、夫は彼女にこう言った。

治療はもうやめよう、心身ともに限界だ。
一番重要なのは俺達で子供はその次だ。
2年間よく頑張ったな。でも。。。
最近笑えてないだろ?楽しく会話できてないだろ?
こんなに辛い思いしてまで子供は欲しくない。

辛くて怖くてあなたにも申し訳ないし
何故、普通の人のように暮らせないのか不安だと言う彼女に

俺達は俺達らしく暮らせばいいじゃないか。
辛いけどここまでにしようと旦那は優しく言った。

約束はしたが正しい選択なのかわからないと涙ながらに嘆く彼女。

いつでも来て話しに来なさいとウォルチュは名刺を渡す。

帰り道、予知夢の話を聞いて
何かを思い出したウォルチュはどこかに行ってしまう。

向かった先は妊娠の予知夢部屋
ユーフォーキャッチャーをしてるサムシンに急に声をかけたため
取り損ね怒るサムシン。
その後サムシンの機嫌を取るウォルチュは
頼みがあるというが今は忙しいと言われる。
ウォルチュは得意の愛嬌を振りまきついていく。

【 夢の世界 】

サムシンはある女性に話しかけユーフォーキャッチャーでとった品物を渡す
女性が貰ったのはクルミだった。

あなたの子供だからしっかり育てろと言うサムシンに
ありがたいけど、息子ですよね?娘が欲しいから交換してくれと言う女性に
それしかあげないわよと怒るサムシン。

【 あの世 】

機嫌をとるウォルチュに気をよくし話を聞く事にしたサムシン。
ウォルチュは余ってる妊娠の予知夢が欲しいと事情を話す

吹き出すサムシン、夫婦の名前を聞き調べるが今じゃないと断った。

【 屋台 】
ウォルチュ達を見張る男、昔も見張ってた男だった。

【 昔 】

キム ウォニョンという本音を唯一話せる友達をウォルチュに紹介する王子。
ウォニョンにも紹介する。

【 マート 】

男子更衣室でダンスの練習をするカンベ
鏡にヨリンが映ったと思い名前を口にするとチンドンだった。
チンドンが一緒に練習もすれば好きになるよな。
でもでかい牛さえ捕まえそうだけどそれでも大丈夫かと言うと

ヨリンはかわいくて女の子らしいと言うカンベに

チンドンは嘘だろ?!本当に好きみたいだな。
この際頑張れよ、社内恋愛も悪くないだろとチンドン。

想像して一人で舞い上がるカンベ

その後ヨリンを見かけ話しかけるカンベ。
優勝を目指すなら衣装も大事だと出かける口実を作る。

【 衣装見に行くカンベ達 】

刺激の強い衣装ばかりで驚くカンベに
似合わないわよね、黒い無難なのにするわとヨリン。

凄くかわいいとカンベは言った。
二人で衣装を着て手を繋ぎ写真を撮ってもらう。

帰ろうとするヨリンに
ちょうど今日までの映画のチケットがちょうど2枚あるとぎこちなく遠回しに誘う。

ちょうど一緒にいる私が行きますか?と笑いながら言うヨリン。

ヨリンが好きな映画はアクションではなく恋愛ものだった。

映画を見て周りは笑ってるのに二人だけが号泣してた。

【 映画の後 】

ロマンスコメディーなのにこんなに悲しい映画は初めてだと言うカンベに
別れる二人の気持ちがよくわかるとヨリン。

相手の痛み苦しみを全てわかってても何もできない気持ちは本当に辛い
と言うカンベに
愛するって難しいねとヨリンが言った。
この世で一番難しいよとカンベも返した。

【 ヨリンの家 】

『だからあんたの事好きだって言ったでしょ』と友達が言うが
カンベがパートナーになってって言ったのは
何にも感じなくて楽だからよとヨリン。

過去に初めて触れた時に必ず逃げられ化け物のように見られてきたヨリン
これ以上傷つきたくないと言った。

触れても何も感じないなんて凄いじゃない。運命よ絶対!と友達は言うが
もう恋愛とかはこりごりだと言うヨリン。

【 屋台 】

携帯を見て離さないカンベは
今日いい感じだったのに返事が来ないと言うと
見てないだけかもよとウォルチュが言った。
そして既読がついて喜ぶもスルーされた

【 先生と旦那さんレストランで 】

先生夫婦と子連れの家族と会った帰り旦那の母から電話がくる。
彼女にいいもの食べさせて又治療を始めろ、夫婦に子供はいなきゃと言うと
旦那は慌てて切るも彼女は隣で聞いてしまう。

【 その夜 】

旦那は彼女をマッサージしてあげながら昔を思い出し布団にもぐろうとするが
彼女は妊娠も出来ないのに今更意味ない
昼に子供をかわいがるあなたを見て申し訳ないし
あなたの両親にも申し訳なくて罪人になった気分だと。
それを聞いた旦那は

子供が出来ないと罪人になるのか?
子供がいないと俺らの人生は無意味なのか?
俺がお前を愛する気持ちさえ無意味なのか?!
と怒った。

彼女は諦めきれないからよ!
辛すぎて結婚も全部やめたい、独りならこんな事で悩まずにすむじゃない!
言ってはいけない事を言ってしまい家を飛び出した彼女は屋台に向かった。

【 屋台 】

努力は裏切らないっていうのが私の信条だったけど、ダメなものがあるものですね。
辛くて旦那にも傷つくことばかり言ってしまって。
実は今も喧嘩してきたんですと言う彼女。


食べようとするのを止めたウォルチュは冷めてから食べる方が美味しいのよ。
持って帰って旦那と食べなさいと特別なワインも渡し
これも一杯飲んで何も心配せずにゆっくり寝なさいと言った。

家で食事をして二人は仲直りをした。

予知夢を盗みに行くと言うウォルチュを止める班長。
どうしてそこまでするんだ?と聞くと
愛する人がいたのと話し出すウォルチュ。

私の夢は彼と結婚して普通に子供を産んで暮らすことだった。
彼は普通の家庭じゃなかったし私もそう。
結局叶えられず死んだけど彼女の気持ちがわかるのよ。
彼に似た子供を産んで育てたい気持ちが。
すごく切実で大切な願いだってわかるからよ。

知らなかったなと班長はつぶやく。

わかってとは言わないわ、わかってくれるのはお母さんだけだから。
せめて止めないで。

行こう、理解してくれる人は今から二人になったんだ と班長は言った。

そこにカンベが戻り三人で出動!

【 サムシンの家 】

サムシンが寝てる隙にと行くが班長の着信音で起こしそうになる。
起きなかったがおならをしたサムシン
その匂いがきつくて息を止めて進む三人。

ユーフォーキャッチャーを始めたら音が鳴り慌てて止める
何度も挑戦するが全く取れず。
ウォルチュは機械を蹴っ飛ばすと3つも落ちてきた。
急いで出ていくが名刺を落としてしまってた。

三人は予知夢を渡そうと先生を待つが来ない。

起きたサムシンは名刺を拾いカンカン。

やっと先生が来て二つ投げるも彼女に届かず

そこにサムシンが追いかけてきた。

慌てて最後の桃を投げるもサムシンにとられた。

追いかけるウォルチュ達は奪い合う
そしてカンベが投げた桃を彼女がついに掴んだ

【 現世 】

妊娠して喜ぶ二人。それを見て喜ぶ三人。

カンベ)

誰にでも触れるだけで痛む傷がある。
隠したいその傷を出した瞬間に同じ傷を持つ人に出会う。

わかる、僕もそのくらい辛いんだと。
だから僕の前では泣いていいと。

そうして、ありのままのあなたを見ながら僕達は少しずつお互いを知る。

屋台に戻ると店の物を持ってく人達、ヨム部長が現れ

今回の事で店は無期限営業停止を伝えられた。

サンガプ屋台6話の感想 

痛風の映画ってw ウケる。笑。愛しても触れられないってww
それに共感するカンベ達に少し申し訳なくなった。笑。


女性にとって子供を産むのが当たり前で責任みたいな。
周りがもしそう思ってなくても常識がそうだから苦しいよね。
旦那さんが子供なんていなくても二人で楽しく暮らせばいいって
言ってくれても、、手放しじゃ喜べないよね。。。
女性にとって悩むところだよね。

全てを不妊治療のために変えて気持ちまでそれしか見えなくなって
疲弊しちゃう。
子供を産むって女性にとってはいろんなことを決断する事なんだろうな。
旦那さんの優しい言葉が余計に辛くさせたのかもね。愛してるからこそ。。

そしてドラマも急展開でどうなるのかな。

それじゃ!

コメント

Translate »
タイトルとURLをコピーしました